眠れないときのアドバイス

  • 眠れないときのアドバイス

    • 寝つきが悪い。眠っても夜中に目が覚めてしまう。
      ちゃんと眠っているはずなのに、スッキリしないなど…。
      不眠の悩みにもいろんなものがあります。

      寝不足は美容の大敵だと言われるのは、肌が生まれ変われるのは夜中だけだから。
      その時間帯に目が覚めていると、肌の再生がスムーズにいかなくなってしまうのです。
      肌の再生の遅れは、シワ・シミ・くすみ・たるみ・乾燥など、
      あらゆる肌トラブルの引き金になります。

      不眠は辛いものでもあるし、美容のためにも解消したいものですね。

      環境の変化によって起こる不眠は、体が新しい環境に適応しようとすることが原因。
      これは正常な反応なので、一時的なものならそれほど気にする必要はないようです。

      ただ、不眠がいつまでも続く場合は、解決するための対策をとりましょう。

      肌の生まれ変わりが最も活発に行われるのは夜22時〜深夜2時なので、
      この時間帯には眠りについているのが理想的です。
      でも、早い時間に無理やり眠ろうとするのは逆効果。
      眠れないことに焦り、「眠れなければならない」と思うことで、
      余計に眠りづらくなることがあります。

      また、いつも眠りに就く時間の約2時間前は、
      一番寝付きづらい時間帯だとも言われています。
      それなのでいきなり就寝時間を変えるのではなく、
      少しずつ早めることをおすすめします。

      寝る1時間前ほどから部屋を暗くすると、
      睡眠の質が良くなるホルモン(メラトニン)が分泌されるようです。
      よく眠るためにも、試してみてはいかがでしょうか。

      寝床に入ってすぐに眠れなくても焦らず、心に余裕を持って過ごすことも大切。
      テレビや携帯電話などは睡眠の妨げになる可能性があるので、
      できるだけ切っておくようにするといいですよ。




       

    ページのトップへもどる

Copyright (C)2012 美容情報のアレコレ大全集 All rights reserved.
ひざ下脱毛