知っておきたい脱毛トラブル

  • 知っておきたい脱毛トラブル

    • 脱毛が原因の肌トラブルは、どんな方法でも起こる可能性があります。
      自宅で行うときに注意するのももちろんですが、
      エステやクリニックでも絶対に起こらないわけではありません。

      生じやすい肌トラブルは、脱毛の方法によっても違うようです。

      【カミソリ】

      数ある脱毛方法の中で、最も手軽で一般的な方法ですね。
      この場合、カミソリ選びが肝心。
      自分に合わないカミソリで剃ると、肌がカミソリ負けを起こします。

      また、肌にかかる負担が大きいので、カミソリでの脱毛は乾燥肌の原因にもなります。
      敏感肌やアトピー肌の方は、カミソリの使用は避けた方が良いでしょう。

      【クリーム脱毛】

      痛みの少なさが魅力のクリーム脱毛。
      でも実は、一番肌トラブルが起こりやすい脱毛法でもあります。
      その原因は、含まれている成分。
      いつも使っているものでも油断はできず、
      体調や肌の状態によっては肌トラブルが起きることもあります。

      クリーム脱毛で肌トラブルを避けるには、なるべく天然成分の製品を選ぶこと。
      そして必ずパッチテストをし、体調や肌の状態の良い日に行いましょう。

      【毛抜き脱毛・家庭用脱毛器】

      毛抜きで毛を抜いた後の毛穴は、雑菌が入りやすくなっているので要注意。
      炎症が起きたり、黒ずんでしまったりする恐れがあります。

      ワキの場合、脱毛すぐに制汗剤を使うことは禁物です。
      脱毛直後の肌はとても敏感になっているので、肌トラブルになることがあります。

      毛抜きを使った脱毛で多い肌トラブルが、埋没毛。
      これは、毛が埋まって生えてこれなくなった状態です。
      埋没毛は色素沈着や毛嚢炎(もうのうえん・皮膚が硬く腫れる)の原因にもなります。

      家庭用脱毛器を使った場合も、同じようなトラブルが起こりやすいと言われています。

      【家庭用レーザー脱毛器】

      家庭用レーザー脱毛器で出力数が強すぎたりシミやほくろ部分に反応したりすると、
      ヤケドをしてしまうことがあります。
      また、ファンデーションや日焼け止め、日焼けした肌などにも、
      レーザーが反応する可能性があります。

      脱毛によって肌を痛めつけることのないように、
      くれぐれもお気をつけ下さい。




       

    ページのトップへもどる

Copyright (C)2012 美容情報のアレコレ大全集 All rights reserved.
鼻下脱毛