自宅でできる脱毛方法

  • 自宅でできる脱毛方法

    • エステサロンや皮膚科なら肌に負担をかけず、簡単&キレイに脱毛できます。
      でもそうするにはお金も時間もかかるので、誰でもできるものではないですよね。
      自宅でできる脱毛には、どんな方法があるのでしょう?

      ■家庭用脱毛器

      家庭でできる脱毛で高い人気があるのは、家庭用脱毛器を使った方法です。
      シェーバー、レーザーや高周波を使ったもの、ローラーが毛をはさんで抜くものなど…。
      各メーカーがいろんな家庭用脱毛器を開発しています。
      使いやすくて即効性があるのは、シェーバーやローラー式のようですよ。

      あくまでも家庭用なのでさすがにエステなどにはかないませんが、
      毛が薄い人や脱毛にお金や時間をかけたくない人にはおすすめです。

      数ある家庭用脱毛器の中で定番なのは『ソイエ』。
      今では『トリア』や『イーモリジュ』などという商品も人気です。

      ただ、効果や痛みの程度は商品によってそれぞれ。
      購入する際には、評判をよく調べることをおすすめします。

      ■脱毛剤

      両脚・両腕、背中など広範囲を一気に処理できるのが、脱毛剤の大きなメリット。
      カミソリより肌への負担も少ないのも嬉しいですね。

      脱毛剤の種類は、主に二つあります。

      一つが、脱毛クリーム・脱毛ローション・脱毛フォーム・脱毛ジェルなどで、
      表面の毛を溶かすタイプのもの。
      もう一つが皮膚の上で固まったものを剥がして毛を抜く、脱毛ワックスなどです。

      エステなどでは脱毛効果の長い脱毛ワックスを使うことが多いですが、
      家庭では毛を溶かすクリームやローションなどがよく使われています。

      この方法は脱毛剤を直接皮膚に塗ることになるので、
      肌が弱い方は避けた方がいいかもしれませんね。
      肌が弱いかどうかに関わらず、使う際にはパッチテストを行うといいですよ。

      他にも、毛の脱色効果や毛を細くして目立たなくする効果がある商品も人気です。
      これらは毛を抜いたり除去したりするものより刺激が少なく、
      スキンケア成分が配合されているものも多くあります。
      脱毛剤では肌が荒れるけど、脱色剤なら大丈夫という人もいるようです。

      ■カミソリ

      カミソリでの脱毛は、自己処理で最もポピュラーですね。
      広範囲を簡単に処理できる一方で、肌を傷めてしまう恐れが高い方法でもあります。

      ■毛抜き

      眉やワキなど、細かい部分の処理に活躍するのが毛抜き。
      大抵の女性なら、一度は使ったことがあると思います。
      一本一本抜くなんて面倒!…と思いながらも、
      一度始めると夢中になってしまうのは私だけではないはず(笑)

      毛抜きにもいろんなものがあり、値段もピンからキリまで。
      値段が高ければ使いやすそうに感じますが、
      私は100円均一の毛抜きが毛をつかみやすくて一番気に入っています(^^)

      毛抜きはカミソリより脱毛効果が長く続きますが、埋没毛の原因にも。
      埋没毛は濃くて太い毛に多く、中でもワキの下に起こりやすいです。

      自分で脱毛する場合は、肌トラブルや菌への感染を防ぐためにもアフターケアが重要。
      自己処理後は皮膚を清潔にして、ローションなどでしっかり保湿しましょうね。



       

    ページのトップへもどる

Copyright (C)2012 美容情報のアレコレ大全集 All rights reserved.
大阪の脱毛サロン特集